正栄機械製作所
Japan

製品情報PRODUCT

ミニバリアブルシリーズ

医療用添付文書の薄紙から
一般用紙カタログ折・ハガキ折の厚紙まで
小サイズ折では他機に例を見ない多機能をもつ

ミニバリアブル本体

機械サイズとロール直径は豊富な種類からお選び頂けます。

ミニバリアブル本体

44KT・A2型 / 40KT・B3型(5枚羽・7枚羽) 30φロール
36KT・B3型 / 26KT・B4型 (7枚羽) 25φロール

本機単体だけで左、右見出しの直角複数折(巻3つ折・巻4つ折)ができるミニバリアブル本体は折り合わせ自由な、平行バックル折7ヶ所、又は5ヶ所に加え直角ナイフ折+KTバックルにて、更に巻3つ折・外 3つ折・巻4つ折の加工ができます。給紙方法も一般用紙はサッカーヘッド後ろ捌き、小サイズ用紙(90mmL×50mmW迄)は前吹き装置の2種類の選択ができ、紙質も選びません。排紙も折仕上げ状況に応じ、3ヶ所に折り本をスタッキングできます。

詳しい製品の特徴

主な折加工

2つ折
巻3つ折
外3つ折
巻4つ折
両端折
巻々4つ折
ジグザグ5山
ジグザグ7山
※7枚羽のみ対応
2つ折平行巻3つ折
2つ折平行巻3回折
※7枚羽のみ対応
8頁折
巻3つ直角2つ折
2つ折直角巻3つ折
2つ折直角巻4つ折
巻4つ直角巻3つ折
巻4つ直角巻4つ折
外々5つ直角2つ折

ミニバリアブル2点セット

40KT+26KT・B3型(5枚羽・7枚羽) 30φロール
36KT+26KT・B3型(7枚羽) 25φロール

オリスターミニバリアブルは、本体とユニットの2番機(直角・平行組合せ可能)で構成されています。
折機構は本機2番機共羽折部7ヵ所または5ヵ所モデルの2機種があります。
光電式のナイフ直角折は本機2番機共各々装備され、特に本機は正栄のオリジナルKT機構(ナイフ・バックル組合せ)になっています。
この多様な折機能は各部説明にある小サイズ折セットの簡易化、折の正確性・作業の省力化に他に例のない大きな特長として評価されています。

ロールフィーダー付
ミニバリアブル40KT

ロールフィーダー付
ミニバリアブル40KT

正栄ロールフィーダーは、ロール紙に印刷されたカットマークをセンサーにて検知し、ロータリーカッター方式により正確かつスピーディーにシートカット給紙搬送を行いコンベアー定規にて給紙搬送され、折部にて正確に折加工されます。
ロール方式は、従来のシート方式に比べ特に薄紙の場合、紙ぐせによる給紙不良、オペレーターの用紙の載せ間違い、異種混入等が発生しません。つまり、従来の枚葉印刷物(断裁仕上)を折機にセットする場合に比べ、混入、脱色、上下の反転、表裏逆転、角折れ、カールの状態等の点検をする必要がなく、ロールの場合はそれらの点検が大幅に解消され、折機に一度セットするだけで済みますので折作業の合理化が図れ、作業工程、品質面に於けるトータルメリットが生まれます。給紙がスムーズに行われる為バーコードリーダー等のチェック機構の必要がありません。

ミニバリアブル40KT本体
FA-Ⅱ

ミニバリアブル40KT本体
FA-Ⅱ

ミニバリアブル40KTのコンピューター自動制御システム搭載機で用紙寸法及びロール圧設定がスピーディーに行えます。

詳しい製品の特徴

本体バックル

ガイド及びロール圧調整部

排紙部

お気軽にお問い合わせください。

東京本社 TEL.03-3380-1711

受付時間:営業日 9:00〜17:15

大阪支店 TEL.072-965-4770

受付時間:営業日 9:00〜17:15

※営業日は営業日カレンダーをご確認下さい。

メールでのお問い合わせ