正栄機械製作所
Japan

角折れ検査装置inspection

SHOEIは、顧客の満足のいく製品を加工・生産できるように、
日々様々な機械づくりをしています。
『角折れ検査装置』は、用紙の4つの角が折れているかどうかを検査し
エラー出力して、不良品の混入を防ぐ目的にて使用します。
機械でできる効率化を可能にした、優れた装置です。

※ 但し、機械速度、用紙の状態、検査下でのバタツキ、設定値の設定等で出力する事があります。

検査仕様

用紙サイズ

最大サイズ : 機械サイズによる
最小サイズ : 160mm以上

処理能力

機械速度  : 0〜225m/min
角折れ検知 : 角よりおよそ5mm以上にて検知
※但し、機械速度、折れ方、センサーのモード設定により変わります

検査方法

中央(SE1)、手前(SE2)、奥(SE3)に3つのレーザーセンサーが設置され、用紙が通過している時間をコントローラーにて計測し、その差分値と設定値を比較して判断します。
※SE1:中央センサー SE2:手前折れ検知センサー SE3:奥折れ検知センサー

タッチパネル
検知センサー
テクノロジーTOP

Leading Company of Folder.SHOEIの“技術力”

私たちには専業メーカーとしての誇りがあります。長年にわたり創り上げてきたSHOEIブランドには、
顧客満足度の徹底追及のため、奮闘してきた私たちの情熱が注ぎ込まれています。
紙折機の未来を明るいものにするために、その使命感を胸に私たちはお客様と共に走り続けます。

お気軽にお問い合わせください。

東京本社 TEL.03-3380-1711

受付時間:営業日 9:00〜17:15

大阪支店 TEL.072-965-4770

受付時間:営業日 9:00〜17:15

※営業日は営業日カレンダーをご確認下さい。

メールでのお問い合わせ