正栄機械製作所
Japan

沿革HISTORY

沿革

昭和34年2月 創業
昭和36年9月 法人登記

19591959年(昭和34年)

2月創業
池袋工場設立(昭和36年高田馬場に移転)
手差し式紙折機製造

1961年(昭和36年)

半自動式紙折機製造
高田馬場本社兼工場設立(昭和56年中野区本町に移転)

1964年(昭和39年)

板橋区大谷口工場設立(昭和58年埼玉県入間郡三芳町に移転)

1965年(昭和40年)

板橋区常盤台工場設立(昭和58年埼玉県入間郡三芳町に移転)
手差し式8ページ紙折機製造 半自動2点セット

1967年(昭和42年)

板橋区大谷口に折研究所を設立(現在は閉鎖)

1969年(昭和44年)

ミニスター(能書折) 紙折機製造

19701970年(昭和45年)

パイル方式エアーサクション 全自動紙折機製造

1973年(昭和48年)

カム式 コンビ16・コンビ32・ラウンドフィーダー式 紙折機製造

1974年(昭和49年)

コンビネーション 紙折機製造

1975年(昭和50年)

電磁クラッチ方式 ナイフ及び排紙装置開発製造
文庫本用コンビ64ページ(2点セット)紙折機・リトルスター製造

1979年(昭和54年)

コンビネーションKT型 紙折機製造

19801980年(昭和55年)

給紙装置 パレットフィーダー式製造

1981年(昭和56年)

中野区本町に本社ビル設立(現在に至る)

1983年(昭和58年)

埼玉県入間郡三芳町に第二工場設立(平成26年埼玉県川越市に移転)

1986年(昭和61年)

コンパクト・リトルマッハ・マッハエイト紙折機製造

1989年(平成元年)

埼玉県入間郡三芳町に第一工場設立(平成26年埼玉県川越市に移転)

19901991年(平成3年)

メイラーシステム(ダイレクトメール)機製造

1995年(平成7年)

文庫本用コンビ64排紙装置 左右振分方式開発製造

1996年(平成8年)

コンピューターシステム付全自動紙折機開発製造

1997年(平成9年)

コンピューターシステム作動によるロール圧自動調整機開発製造

1998年(平成10年)

新型電気システム 微調整(微動)式開発製造
新立型プレススタッカー販売開始

20012001年(平成13年)

糊付機製造販売開始(ロータリーフィーダー給紙)3連・5連

2002年(平成14年)

エアーシリンダー式カンノンバックル販売開始
三方断截(正栄トリマー)製造

2004年(平成16年4月)

コンビネーションKT660タイプ1号機製作

2005年(平成17年4月)

シーケンサーシステムによる新型電気回路開発

2005年(平成17年8月)

超音波式二枚止め装置搭載

2006年(平成18年4月)

新型コンピューターシステム自動調整機開発製造(改良型)

2006年(平成18年11月)

新型コンピューターシステム自動調整機開発製造 完成

2007年(平成19年8月)

三方断截(正栄トリマー)改良型試作機完成

2007年(平成19年9月)

IGAS展 新型(正栄トリマー)出展

2008年(平成20年6月)

ダイレクトメール内入紙貼り付け機・試作機製作

2009年(平成21年6月)

シートフィーダー+インクジェットシステム(コダック)販売拡大

20102012年(平成24年4月)

埼玉県川越市に川越工場設立

2013年(平成25年9月)

コンピューター制御システム リニューアル Windows7

2015年(平成27年4月)

サイクロンフィーダー給紙装置開発

2016年(平成28年4月)

小口カッター装置開発

企業情報TOP